大学進学を目指すなら通信制高校|自分ができる学習法でチャレンジ

男性

大学進学を見据えた勉強

勉強

個々にフォローできます

中学生になると小学生とは異なって、高校受験が控えるようになります。大学進学することが一般化してしたので、高校受験のための勉強は大学進学に直結するのです。大学進学は、レベルの高い高校に合格するほど有利に働きます。レベルの高い高校に合格すると、周囲もレベルが高いので、大学受験に対する意識が異なるのです。そこで中学生が行う高校受験のための勉強は、レベルの高い高校を目指すことが大切になります。そこで人気になっているのが、家庭教師を利用して勉強をすることです。中学生の場合には、勉強の内容が基礎から応用へと変化します。しかし応用の勉強をするには、基礎が固められていなければなりません。その点で家庭教師であれば、個々の基礎が固められていない部分を、フォローすることができます。そうすることで応用も可能になって、レベルの高い高校が目指せるのです。

予備校の講師の経験者

そのような家庭教師ですが、どのように選択するかが問題になります。しかし目標となるのは大学進学ですから、大学進学までを見据えた勉強が必要になります。いっぽう大学への進学の方法は、年々変化するようになっているのです。例えばセンター試験は、そのあり方が数年後に大きく変化する予定になっています。センター試験については、国公立大学ばかりではなくて、私立大学も利用することが増えています。そのセンター試験の内容が大きく変化するのですから、当然ながら勉強方法も変化が必要です。そうした大学受験にいちばん詳しいのが、予備校になります。したがって中学生に家庭教師を選択するときは、予備校の講師の経験者にすると適切です。また、大学進学を目指すのであれば家庭教師に教えてもらったり、予備校に通ったりする以外にも通信制高校を利用することで大学進学を目指すことが可能です。千葉には多くの通信制高校があるため利用してみるのもよいでしょう。千葉の通信制高校際には、自分に適したところを選ぶことが重要となります。

受験の意義と復習法

教師と生徒

中学受験はそれ以降の受験や勉強においても役立ちます。そのため、ここでしっかりと勉強法を確立しておくことが大切です。個人によって合ったものは異なりますが、復習法が最も効果的なものです。そのため、家庭でできるだけ復習するようにしましょう。

» 詳細へ

自分に合った方法で

ノート

部活などで忙しい中学生にとって、授業の日程が決められている塾はなかなか使いにくいものです。そこでオススメなのが家庭教師です。家庭教師ならスケジュールだけでなく、どの教科を、どの単元を重点的にやるのかなどを自分の都合で決めることができるからです。

» 詳細へ

成績を上げる助けとなる

先生と子どもたち

小学校の学習内容は難しくないのですが、親が勉強を見るような、家庭学習には限界があるので、多くの子どもが塾で勉強をしています。西宮にはたくさんの塾があります。勉強が苦手な子どもは、少人数や個別のものを選ぶと良いです。

» 詳細へ